ゲームの専門学校でどのようなところでしょう

どんなことを学べる学校?

ゲームの専門学校は、その名の通りゲームソフトの開発手法を学べる学校です。ゲームソフトはいくつかの職種の担当者がチームを組んで製作しています。専門学校では、その職種ごとにコースが設定されているのが通例です。生徒は入学の時点である程度は希望職種を決定しているのが望ましいといえます。

コースを具体的に紹介すると、企画、プログラム、サウンド、グラフィックデザインが一般的です。入学直後はゲーム制作の概要を総合的に学ぶ機会がありますが、すぐに各コースに別れて学習と実践が始まります。卒業が近くなると、各コースの学生でチームを組んで小規模なゲームソフトの完成を目指します。これが卒業のための最後の課題で、学校で習ったことの総仕上げです。

卒業したあとの進路はどうなる?

ゲームの専門学校を卒業が近くなると、生徒の多くはゲームソフト開発会社への就職を目指します。就職活動では、専門学校で学んだコース別の経験を活かして自分をアピールします。プログラムを学んだ人がサウンド担当として就職を目指すなど、専門外の分野に挑戦することもできますが、就職の難易度は高くなるでしょう。

ゲーム業界は比較的人気の高い業界であるため、学生全員が希望通りの就職を果たすとは限りません。残念ながらゲーム業界の企業に就職できなかった場合は、IT業界などコンピューターの活用技術を駆使できる企業への就職例が多いようです。希望に近い就職をするためには、学校での勉強に加えて自主的な学習で能力を伸ばすとよいでしょう。

ゲームの学校では、ゲームについて深く学びます。どのようなストーリーにするか、どのように動かすかなどゲームを好きな方はとても楽しく学ぶことができます。